公共料金などの銀行口座引落やクレジットカード払いなどが普及したいま、なんらかの商品を購入した場合も「待ってもられる」という感覚が芽生えることも少なくありません。
また、電子マネーを現金代わりに使える場所も増えたため、多額の現金を持たなくても日常生活が成り立つ時代になっています。
しかし、冠婚葬祭の場においては、やはり「現金」が必要です。
まだ、お祝い事は前もって用意できますが、お葬式の場合は事前に用意できないだけに、手持ちの現金が足りない、口座残高も足りない、となるとほんとうに大変です。
そんなときに役立つのがカードローンの即日融資です。
カードローンは、使用目的を問われないことや、保証人が要らないなどでも注目されていますが、申込したその日に融資が受けられるところを知っておくと大変重宝します。
もちろん、しかるべき審査に通る必要があり、本人確認書類などの準備も必要です。
また、申込時間帯によっては翌営業日にズレることもありますので、可能な限り早めに、できれば午前中に申し込むことが大切です。
なお、すぐに借りる予定がなくても、カードローンの申込をすることが可能です。

カードローンとは、カードを使った借り入れの事を指します。銀行がキャッシュカードを導入したときに、同じような機能を応用して消費者金融がカードの利用を始めたのが始まりです。カードを使うというだけのことですから、借入をする方法をさすのだと考えるのが良いでしょう。

キャッシングとは個人向けの無担保の融資を指します。個人が借入をするときに、担保や保証人を必要とせずに借り入れのできるサービスなのです。融資の特徴を現したものだといえるでしょう。

この二つの言葉が同じような意味で使われている理由は、キャッシングの多くでカードが利硫黄されているという現実があります。しかし、まったく同じ意味ではないという例もあります。

【参照】http://www.ernst-mattison.com/