車検のとき、車の各パーツの交換時期を知っておくと、業者に対して何も知らないよりはそれなりの対応が可能になってきます。
車検時に「ブレーキフルードの交換が必要です」と言われても、ピンとこない人が多いのではないでしょうか。
「ブレーキフルード」というのは、ブレーキペダルを踏んだ力がブレーキパッドに伝わるときに必要なオイルのことです。
ですからブレーキが効くための、重要なパーツということになります。
ブレーキフルードは、新しいうちは薄い黄色い色をしていますが、徐々に茶色く濁っていきます。
その原因は、ブレーキフルードが空気中の水分を吸い込む性質があるためで、水分が多くなると共に茶色くなってしまうのです。
水分が増えて茶色くなると、ブレーキフルードの性能が下がり、沸騰してしまうんです。
こうなると、長い下り坂のときなどにずっとブレーキを踏んでいると、その熱でブレーキフルードが沸騰するというわけです。
その結果ブレーキが効かなくなり、大変危険な状態になってしまいます。
普段、ほとんど車の点検をしない人は、車検するごとに交換することをおすすめします。