エステサロンを開業して、しっかりと根を据えて生き残っていくためには、開業するだけでは不十分です。
なぜなら、毎年たくさんの新しいエステサロンが誕生している反面、半数以上のエステサロンが廃業に追い込まれているからですね。
きちんと生き残るための努力が行なわれていないなら、すぐに60%ほどと言われている廃業するエステサロンの側になってしまいます。
では、どうすればエステサロン業界の中で生き残っていくことができるのでしょうか?
簡単に説明するなら、とにかく競合店との差別化を図るということになるでしょう。
似たようなサービス、内装、技術レベルということであれば、人はこれまでに通っていた店舗を変えることはないでしょう。
ですから「変えたい」と思わせるだけの違いが、存在していなければならないわけです。
そのためには、店舗の内装にはこだわりたいものです。
これは他の店舗との大きな違いになりますし、さらに消費者が最も求めているものでもあります。
ですから他店舗との差別化のために、内装にはしっかりとこだわってください。
豪華なものにするのか、可愛い感じにするのか、それは皆さんの自由ですね。