DVD作成やブルーレイの作成を海外で行うことも可能になってきています。
海外でブルーレイを作成するメリットは、やはりコストの安さから来る費用になるでしょう。
国内でブルーレイを作成するよりも、かなり安い値段になるため、多くの業者が海外でのブルーレイ作成に流れています。

確かに値段だけを考えるのであれば、海外に発注するのも1つの方法になるでしょう。
しかし海外への発注には、いろいろな問題になることもあります。
まず第1に品質が国内での受注よりも、かなり下がってしまうため、中には不良品すら存在しています。
たった1つの不良品が、たくさんのお客様をがっかりさせてしまうこともありますので、品質にはこだわりたいものです。
その面、国内の会社の作るブルーレイは、とても品質が良いと評判です。

加えて、海外への発注になると、どうしても納期が遅くなるという傾向がありますので、この面でも国内での作成が優れていると言えるでしょう。
株式会社ピコハウスというブルーレイ作成会社は、品質や納品のタイミングの面で非常に優れていると評判になっています。