私は大学時代を大阪で過ごしました。卒業後、東京の会社に就職しましたが、その時に関東地方出身の同僚から言われたことがあります。それは、「関西の人の言葉ってきつい、こわい」ということです。私自身、関西弁はきついものという意識はなかったし、逆に人懐っこくて話しやすいと思っていたので結構びっくりしてしまいました。例えば占いの時、出身が大阪の占い師から言われた言葉のほうが標準語のきれいな言葉で言われた言葉よりもなんだか自分には素直に入ってくるような気がするほどです。ということは、関東出身の人だったら、関西弁で占いの結果やアドバイスをされても素直に言葉が入ってこないのではないでしょうか。下手すれば嫌悪感を覚えてしまってもおかしくはないのかもしれません。やはり言葉の壁は厚く、勉強を教えてもらったりアドバイスをしてもらったりする時、すんなり素直に受け入れられる言葉で言われなければ気持ちよく受け入れられる物も受け入れられなくなってしまうのは仕方のないことなのです。言い方だけの問題だとしても、それで受ける印象が変わってしまうのです。占いにも結果が分からない事、それが人探しです。人探しは探偵さんにお願いした方が的確に見つけられます。