毎日の生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)において通便とは欠かせないものであり、本来ならば毎日するかもしれませんよねが、人により、特に女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)は、毎日ではなくて数日に1回等と便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)に苦しんでいる人は多いでしょうね。この便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)を放っておくと、腸内環境(正常だと痩せやすく疲れにくいといわれています)が悪くなり、おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)が臭かったり、便が異様に硬くなってしまうりする上、便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)によっても肌荒れやニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)ができたり、最悪な状況だと大腸ガンになる可能性があるのです。便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)を改善する薬なども多く市販されてはいますよねが、飲んでいる間は薬が効いて便は出ますが、薬を飲むのをやめてしまった場合にはまた便秘(女性に大腸がんが多いのは便秘が原因とも考えられているようです)におちいったりするため、お通じが良くなったそうはいってもず根本的な部分は何も変わっていありません。ですので、できるだけ薬に頼らず腸内環境を変更していく必要があるはずです。それには、充分に水を摂ることが必要不可欠です。人の体は尿や便や汗などで、1日におおよそ2Lの水を外に出しているになりますね。その為に、最低でも1日に1.5Lぐらいの水を摂取する事でなければならないのです。逆に言えば、水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)が不足していると便秘(弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘といった種類があります)になる可能性があるのでしょうか。また、水を摂るタイミングも大切で、寝起きや寝る前、お風呂に入った後や運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)後など、自らの体が水分(あるものに含まれている水のことです)を欲している時に、きちんと水を摂ってあげる事が重要です。特に便秘(場合によっては、排便できても残便感があったり、口から便臭がすることもあるでしょう)の時は、朝起きてからの摂取が良いとされ、眠っていたことにより胃や腸も動いていない状態のため、朝水を飲む事によって胃腸が起こされて動き出し、活発とされているんです。そして、便秘(長く続くと免疫力が落ちてしまうでしょう)の際に飲むべき水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)は、お茶やコーヒー(カフェインの作用により、覚醒効果があります)などではなくて、ミネラルをたくさん含有した硬水がいいと思っております。日本の大半の水が軟水のため、硬水は軟水(軟水器を使うとより高度の低い軟水を作ることができます)と比較すれね飲みにくいと言われていますね。でも、腸の動きを活発にしてくれるミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)やマグネシウム(過?に摂り過ぎると下痢になってしまうこともあるでしょう)を多く含有した硬水の方が便秘(弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘といった種類があります)には非常に効きますー